欠陥住宅作られました〜床不陸・雑排水管全て不良〜

欠陥住宅作られました〜床不陸・雑排水管全て不良〜

欠陥住宅にリフォームされた経緯と、そこで道を誤らないための方法手段を紹介していきます。

記事一覧

欠陥住宅被害総額はいくらになるでしょう。リフォーム修補以外の金額を算定。

前回の弁護士との打合せの際、リフォーム修補以外の金額がいくらかということを見極めなくてはなりません。

 

この金額、正直なところどこからどこまで含まれるのかというのがひとつの問題です。

 

自分は現在契約している弁護士以外に無料相談含め10人以上に会って、ポイントごとに質問をしてきました。
その時にであった弁護士の1人が仰っていたことのひとつとして、

 

実際に使う予定だった金額との差額分も請求できますよ
という、言葉がありました。

 

我が家は今も仮住まいです。

 

実際に仮住まいとして賃貸契約をしているわけではありません。
住んでいるのは家族所有の持家マンション。
今回実家リフォームを行い、そこに家族全員住むことを計画していました。
引越時期も決まっていたので、家族所有の持家マンションを賃貸住宅として広告を出しました。

 

しかし、リフォームが終わらないことが決定したので、広告は即座にひっこめました

 

ここに、当時提出していた広告の一部分を切り取ってお見せしますね。
家賃は11万と記載してあるのがわかるでしょうか。
これが不動産屋がこの部屋に対しての金額として明示したものです。

 

さて、彼らが夜中にポスティングした【請負契約約款に記載の保証内容に関して】に記載されている【請負契約約款に記載の保証内容に関して】にはどのように書いてあるでしょう。

 

現在お住まいの○○○の賃料を10万円/月とし、12/27~工事完了日までの日割精算分

 

まず、工事完了日が決まっていませんから、今でもこれは引き続き請求できますね。
工事完了書ももらっていませんから、自分は毎年行われる年末調整の申告書に住宅ローン控除の申請が出来ずにいます。
そう、これも被害総額です。

 

【1】請負契約約款に記載の保証内容に関して

【1】請負契約約款に記載の保証内容に関して2016年2月13日と右上に記載があります。しかし、この書類は欠陥住宅を作った株式会社Cの代表取締役社長兼2級建築士兼...

投稿 2017/10/18

 

他にもあるある被害総額。

 

最近エコ商品が住宅設備機器でも多いですよね。
しっかり1日いくらお得ですとパンフにも記載されています。

 

ランニングコストの差額。

 

そう、自分が選んだ住宅設備機器の一部はエコ対応商品です。
ランニングコストの差額計算ができます。

 

他、破損品。

 

リフォーム業者は既存照明の破損だけではなく、様々なものを壊したり、傷つけて行きました。

 

ざっくり欠陥住宅被害総額(リフォーム以外の損失)を発表します。

 

住宅設備機器ランニングコスト 28万
不動産関係ランニングコスト 528万
工事による破損・廃棄 119万

 

 

 

 

被害総額、675万

 

自分がこの被害額から学んだことは、リフォーム会社の選定は時間をかけて行うこと
リフォームだけではありません。
新築住宅を建てるにしても、相手方が信用に足る技量があるのかどうかを自分の目で確認することがとても大事です。

 

安い業者に頼んだところで欠陥住宅になり、住めなくなって被害総額が値切った金額よりも高額になっているのならば、シャレになりません。

 

実際、我が家は一言も値切っていませんし、リフォーム業者の適当な見積もり金額の内容そのままで全額支払いをしています。
工事金額だけでなく、追加見積もり金額も含め、全額支払いをしたにもかかわらず、壁紙は貼らずにそのまま、取り替えた玄関の鍵は渡さない工事完了書は発行しないリフォーム会社でした。
みなさん、これが我が家の現状です。

 

これから自宅のリフォーム工事を考える方、新築一戸建てを建てる計画をされている方へアドバイス。

 

大袈裟かもしれませんが、探偵調査をいれてもいいのではないかと考えるぐらい。
もし、探偵調査をいれないにしても、住宅保険については加入しておいた方が良いと感じます。
あと、建設時のトラブル対応に3000円から加入できる弁護士保険も良いでしょう。
ただし、弁護士保険については、加入後1年経過してから発生した事案に関してのみ、保険が下りる内容になっています。

 

今回、リフォーム工事中に近隣トラブルが発生することはありませんでした。
(※証拠が掴めない敷地内の植木の盗難は数件発生しています。)
しかし、何が原因で起こるのかわからないのがトラブルです。
リフォーム工事をしようかなと考えたときに、弁護士保険に入っておくとよいのではないかと感じます。

 

 

S県版欠陥住宅との戦い~欠陥住宅来場体験者の感想~

S県版欠陥住宅との戦い~欠陥住宅来場体験者の感想~

 

欠陥住宅となり住むことができなくなってから、既に1年以上経っています。
その間、実際に建築に携わる方から不動産業に関わる方、賃貸住宅に住んでいる方まで複数人見に来てもらいました。

 

その時に頂いた感想を箇条書きで列挙していきます。

 

  • 賃貸住宅2軒目を借りた方。

 

あらかじめ汚れや傷を借りる時にチェックして、退去時に敷金を返してもらうようにします。
そのときは不動産屋立ち会いの元で細かなフローリングの傷や壁紙の汚れを見ます。

 

自分が賃貸住宅を借りた時と同じようにやってというリクエストなので、番号を書いてマスキングテープを貼って行きました。
まさかとは思ったのですが、1階のフロアだけで250以上にもなりました。
朝から作業して、食事休憩を取ってから残りの作業を行いました。
結果、350箇所以上のマスキングテープを貼ることになりました。

 

正直なところ、こんな賃貸紹介されても自分は住みたくないですね。

 

  • 同じ建設業者としてやっていることがオカシイ。

 

自分は社内においての施主引渡し前検査では厳しいと言われています。
実際に見て友人の家なのでアドバイスしました。

 

  • 床下開口のビスが全部止められていない。
床下開口の金物にビス穴が開いているにもかかわらず、全部止めていない状態でした。
この止めていないところは、使用中に床下開口のフレームが歪むことがあります。
引き渡し後、クレームを起こしたことがあるので、自分は必ず止めるよう指示を出します。
さぼり癖がある、中途半端な作業しかしない大工はここを止めることはありません。

 

  • ドアストッパーと扉と床の色合わせ。
パナソニック製の室内扉を使うことが良くあります。
その時に選ぶドアストッパーの色ですが、客への配慮ができるかどうかが分かれます。
パナソニックのドアストッパーは床のパーツと扉のパーツが別々に選べます。
ドアストッパーは目立たせるものではないので、床のパーツは床の色に合わせて、扉のパーツは扉の色に合わせて取り付けるのがベストです。
ましてやHPでデザインを謳っている会社なのであれば、細かな配慮が必要です。

 

  • 玄関から見えるところなら既製品を用いるべき。
玄関から見える腰壁の笠木。
竣工検査当日というにもかかわらず、合板がのっかっていました。
その大きさならば、パナソニックで塗装をした既製品があるよねと、代表取締役社長に指摘しました。
そうしたら、目を丸くしてしまうような驚きの行動に社長は出てびっくりでしたね。

 

『うちのような会社は捨てるような材料を使ってでもコストを低くしなくてはいけないんですよ』

 

それ、施主の前で言いますかね。
同じ二級建築士として指摘しましたが、本当に知識がないんだなと感じました。

 

  • 壁紙の張り方が汚い。不動産業を長年行っているけれど、こんなに汚いのは初めて見る。

 

地元で不動産業を行っている人間です。
施工業者は新しくこの地域に越してきたので自分にとっては初めて聞く名前です。
こんなに汚いクロスの張り方は初めてみましたね。

 

新築時に貼ったというクロスの方がキレイに貼れています。
30年以上経っているとは思えない。
今回リフォームされたということですが、既にリビングに入る入口付近には隙間ができていて、そこからクロスが剥がれてきていますしね。
壁紙にノリの跡なのか凹凸があちらこちらあります。

 

  • 1階の不陸工事をするための見積もり金額を作って欲しいと言われてきた。

 

リフォーム工事をさせたら1階のリビングに不陸を作られたと言う話で、昔使っていた知り合いの業者を連れていきました。
大手不動産会社のリフォーム部門に在籍しているのですが、あまりにも色んな所がひどくて不陸以外の部分の見積もりも数か所入れるよう指示しておきました。

 

  • 外壁の穴補修。
灯油を使った暖房器具を使っていたみたいで、屋外にある灯油タンクと繋げていた穴がありました。
そこに換気口用のフードが取り付けられていました。
これ、雨がふるとフードの両脇から黒い線が外壁について汚くなります。
将来のメンテナンスを考えるとエアコンのドレインを塞ぐような商品(エアコンキャップ)に変更したほうがいいです。

 

  • どうしてエアコンをこの位置のままに置いておくのかがわからない。
デザインを考えているのならば、エアコンの位置を変更させるべき。
施主に言わせると、施工会社の打合せ担当だった社長がエアコンを外さないで壁紙を貼ると言って、エアコンを外させなかったらしい。
エアコン内にあるフロンガスの処理が面倒だからって、見栄えが悪いまま置いておくのは、同じリフォーム会社として気分を害する。

 

※1級建築士並びに1級施工管理技士保持者。

 

  • 施工業者の事務所がある税務署職員

 

あ、あそこは未完成で壁紙が貼っていないんですね・・・。
確かに材料もそのまま放置されていてやりっぱなしですね。
これでは確かに住めませんね。

※建物の所有者移転に伴い確認の為、欠陥住宅現地に来た。

 

  • 外から見ていたからわからなかったけど・・・これじゃ住めない。落ち着く場所がない。

 

どの部屋もまともなところが無くてこれじゃ落ち着かない。
1階の窓から1階を見ていてもなんとなく床が曲がっているように見える。
入ったことがない2階に今回入ったけど、住めないという理由がわかる。
コンセントパネルは上下逆についているし、どの部屋みても工事の手法がオカシイ。
長く大工をしているけれど、こんなにずさんな仕事をされている家は初めてみた。
ダウンライトのソケットもうまくはまっていないから、天井裏の隙間風が流れてこの家はリフォーム前と比べて寒くなるよ。

 

※地元の大工。二級建築士保持者。

 

  • 資料みただけじゃわからなかったけど。実際にみてよくわかった。

 

これは材料の特性も知らない人間が作ったリフォーム。
作った後のメンテナンス方法も考えられていない。
素人の会社が作ったもの。

 

※元大学講師、1級建築士

 

 

2017年10月までの欠陥住宅進捗状況

正直まだ、何も進んでいないと言う状態です。
ようやく被害金額がまとまりかけてきているところで、見積もりを作ってもらっていた会社が逃げ出しました。
その件については別ページで細かく書いていこうと考えています。

 

自分はあまりにも悩みすぎて、悩みすぎて・・・
福岡県版欠陥住宅との戦いをざっと読みました。
本当にざっと。
細かくまではまだ読み切れていません。

 

理由としては細々ありますが、ひとことで言うと会社員だからできないという側面が大きい感じがします。

 

元々実家は自営業だったので、等価交換じゃないですが、努力すればその分キャッシュフローが見込めるというところです。

 

でも、会社員だと、そうはいきません。
やたらと拘束時間が長いという点も正直なところデメリットですね。
そして、キャッシュフローも拘束時間に応じた定額なので、これからいくらかかるのかわからない裁判費用について漠然とした不安があるのも事実です。

 

精一杯戦えない。
そんな気持ちを抱きながら、弁護士に対しての資料作成に勤しんでいます。

 

見積もりを作ってもらっていた会社が逃げ出した件を、かつての講師に話しました。

 

実は自分は建築学科出身です。
その縁もあって、建設業界の端っこで現在も勤務させていただいています。
あまりにも困ってしまい、でも、ある程度気心が知れた人間に相談をしても進まないものは進まないもの。
既に1年以上経っていることもあり、巻き込まれたくないという雰囲気も、相手から連絡がないことから感じています。

 

そこで、散々悩んだ挙句、自分が大学生の頃、講師として教えてくれた先生に泣きつきました。
清水の舞台から飛び降りた気持ちです。
だって、大学卒業してから10年以上経て、家を自分の設計で建てましたと言うならともかく、欠陥住宅になってしまったから助けてくださいですよ!?

 

もう、聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥といいますか、自分というすべてを捨てて電話しました。

 

電話で30分前後会話させて頂いたでしょうか・・・

 

その日の夜、8時間近く断続的に先生のメールアドレスに資料を送り続けました
いくら教え子とはいえ相当迷惑なメールだと思います。
自分だったら・・・こんな箸にも棒にもかからない仕事の上、無料奉仕になりそうな仕事、受けないと思います。

 

そんな不安を覚えつつ・・・
先生からきたメールは

 

現地直接見に行っていいですか。

 

こちらとしては頭の中が真っ白。
資料を送ったところで小さな部分はわかるけれど、全体的に何が【欠陥】なのかが把握できないという理由でした。

 

欠陥住宅の損害見積もりを作るのは大変なこと。

 

欠陥住宅の見積もり作成を承る業者がいるのは知っていました。
でもなんでそんな業者がいるのかを自分は深く考えていませんでした。

 

はっきり言います。
普通の工務店は欠陥住宅の見積もり作成は拒否します。

 

それは自分の工事方法が正しい工事方法なのかわからないからです。
建設業界全体に言えることですが、ひとつひとつの工事に正しいルールが確立されていないのです。
元々大工工事は親方の背中を見て技を盗んで自分のものにするという状態です。
だから、ルールなんてないのです。

 

それにルール通りに行っていると金額が高額になります。
どこかで手を抜こうという人種の集団に工事を依頼するともれなく欠陥住宅になるという流れです。

 

普通の工務店が見積もりを作ってくれると言った場合は感謝してください。
それはあなたに対しての深い同情を示したと言う事です。

 

先生が話した一言が自分の大学時代を思い出させてくれた。

 

このプラン、考えられていないんだよな。

 

心にズシンと来ました。

 

確かに、初めのプランから全然変わっていないのです。
自分もリフォームってこんなだったっけ?
打合せってこんなだったっけ?

 

と、法人に対しての建設営業を行っていた時の充実感が、今回のリフォームでは全くなかったです。
ましてや大学の時のようやく考え付いたプランだというような、14日間に渡る課題に対してのエスキスで生み出したような苦労もまったくなかった

 

依頼した会社のHPにはこのように記載がされていました。

 

※現在はこのHPはありません。

  • 見た目だけではない「意味のある」デザイン
  • 素材にこだわるリフォーム会社
  • 問題を解決するデザイン
  • 機能を考慮したデザイン

 

提案力がすごいということを述べているようですが、提案されたものお粗末さをみればこれらが嘘だとわかります。
建設業を持った詐欺グループと言っても言い過ぎにはならないと思います。

 

打合せ時に感じていた違和感。これがすべて欠陥住宅への道筋になった。

 

その直感を、家族以外の誰かに相談し、打合せの席に参加してもらえばこんなことにはならなかったのではないかと感じます。

 

 

建物のプランを生み出すことを懸命に学んでいた過去の自分を忘れてしまったことが、自分にとっての決定的な敗因であることが今回わかりました。
それと同時に、しがみつくように懸命に学んだ大学の4年間はやはりとても大事な時間であったと共に、生涯において感謝すべき時間であったと常々感じました。
※実際、自分の転職活動において、大学で得たプレゼン作成技術がとても生きていました。

 

 

 

中古で購入したマンションのリフォームに勤しむ人が多いらしいですね

「父と母が共に年を取ってきたので、この機に高齢者向けのトイレリフォームを実施したい」などと思っておられる方も数多くいると耳にしています。

 

Sponsored Link

 




リフォームとの間に、きちんとした定義の違いは存在しないと言えますが、自分の家にこれまでにはなかった付加価値を持たせることを目論んで、設備の大規模入れ替えや間取り変更工事などを実施することをリノベーションと称しています。

 

 
キッチンのリフォームを行いたいと思ってはいても、料金が幾ら位になるのかはご存じないでしょう。例え見積もりを手にしたとしても、その値段が世間並なのかどうかさえ判断を下せないと言っても間違いないでしょう。

 

 
リフォーム一括見積もりサービス提供会社の担当者が、申込者が入力した内容を加盟業者へ説明し、それに対して差し出された金額を申込者に提示するというサービスも見受けられます。

 

 
残念ながら、信頼に値する業者だとしましても、そこが実施する外壁塗装が一番安いとは限りません。外壁塗装を行なうのなら、資金的にもお得になるように、可能な限りたくさんの業者から見積もりを入手して、相場を理解することが何より大切です。

 

 

 

屋根塗装に関しては、外観をグレードアップするのは当たり前として、住居自体をプロテクトするという事で、非常に有益です。

 

要するに屋根塗装と申しますのは、住居の今の品質を将来に亘って維持する為にはなくてはならないものなのです。

 

 
フローリングのリフォームに関しては、「貼り替え」と「重ね張り」の2つの方法があるのです。作業工程が多くなる分、やはり「重ね張り」よりも「貼り替え」の方が、費用は高くなるわけです。

 

 
リアルに「リフォームをしたい」という気持ちになった際に、どのリフォーム会社に頼むべきか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?会社選定は、リフォームの満足度に影響を齎しますので、実に重要な要素なのです。

 

 
ネットを有効利用したリフォーム会社紹介サイトでは、住居の実データや考えているリフォーム内容を打ち込むだけで、一定の審査をパスした安心できるリフォーム会社から見積もりをウェブを通じて送ってもらい、その内容を確認することができるのです。

 

 
リノベーションと言われるのは、いわゆる旧式の建物に向けて大規模な改修工事を行なって、機能をバージョンアップして使い勝手をより良くしたり、建物としての価値を維持またはアップさせたりすることを言います。

 

 

 

キッチンのリフォーム費用については、セレクトする製品とか素材、作業内容などにより一律ではありません。

 

相場的には、製品と工事費を合わせて、おおよそ100万円といったところだと聞きました。

 

 
「耐震診断を行なってはもらったけど、耐震補強工事で求められる費用に充てる資金がなかったので、その工事を諦めざるを得なかった」というケースが少なくないらしいですね。でも、放置しておけば地震による被害リスクを抑えることは不可能です。

 

 
何社もの塗装業者に外壁塗装費用の見積もりをお願いすることができる、「一括見積もりサービス」があるのはご存じでいらっしゃいましたか?匿名での見積もりをお願いすることも可能ですから、その後業者の不要な営業に付き合う必要もありません。

 

 
中古で購入したマンションのリフォームに勤しむ人が多いらしいですね。その長所は何かと言うと、新築されたマンションを購入するのと比べて、トータル費用を抑制することができるという点ではないでしょうか?

 

 
押しなべて、電気機器類の寿命は10年だとされています。キッチンの寿命はそこまで短期ではありませんので、そこにセッティングする製品群は、近い将来買い替えるということを前提に、キッチンのリフォーム計画を立てることが重要です。